結婚指輪 相場 40代

40代の結婚指輪の相場について

今は、40代になってから結婚するカップルも珍しくありません。現代の日本の初婚年齢が約30歳ですから、40代で結婚する人がいてもおかしくはありません。世間一般でいえば、40代では仕事も重要ポストを任されるようになり、お給料もそれなりの金額をもらえるようになります。そうなると、「結婚指輪」の相場も高くなるのでは?と思う人もいるでしょう。確かにお金がなければ高いものは買えませんから、そう考えるのは当然のことと言えそうです。それでは、40代の「結婚指輪の相場」について見ていきましょう。

 

40代の結婚指輪は賛否両論

 

先ほど、40代になれば「ある程度のお給料がもらえるようになる」ということをお話ししました。しかし、必ずしもそうではありません。特に今の日本は不景気なので、40代だからといって全員が良い給料をもらっているわけではないのです。なんとなく「40代だと高級なもの」と思うかもしれませんが、正直なところ人によります。40代の結婚指輪は、

 

  • 10万円以下の安いもの
  • 50万円以上の高いもの

 

の賛否両論と言わざるをえません。

 

ペアで10万円以下の安いものという人たちは、「もう40代だし、結婚指輪はシンプルなものでいい」という考えを持っています。一方高いものをという人たちは、「40代に似合うもの」を追求した結果と言えそうです。年齢が上がるにつれ、ある程度のボリュームのある指輪が求められるようになります。そんなボリュームのある結婚指輪は、やはり多少割高になるのです。

 

全体的な結婚指輪の値段の相場が「ペアで20万円台」であることから考えても、40代では平均価格の「上か下」のどちらかに偏る傾向にあるようです。

 

もちろん、シンプルなものがいいかボリュームのあるものがいいのかは、夫婦で決めることです。どちらが良くてどちらが悪いといったことはありません。まずはゼクシィで、結婚指輪を検索してみましょう。

 

そして気に入ったデザインのものがあったら、来店予約の申し込みをしてみてください。「40代だから…」とショップへ行くのを恥ずかしいと思わず、ぜひ足を運んでみてください。ゼクシィから来店予約の申し込みをすれば、特典がもらえるなどお得なこともたくさんありますよ!