結婚指輪 相場 年収

結婚指輪の相場と年収について

現在の日本における、一般サラリーマンの平均年収は約400万円です。中には200万円台の人もいますし、逆に1000万円以上もらっている人もいます。

 

さて、結婚した二人の証でもある「結婚指輪」は、女性なら誰でも憧れるものがあります。そんな「結婚指輪」ですが、だいたいいくらくらいするのかご存じですか?なんとなく「結婚指輪は高い」というイメージのある人もいますよね。ここでは「結婚指輪の相場と年収」の関係について、お話ししたいと思います。

結婚指輪の値段に差が出るのは年収1000万円以上から

 

実は、年収によって「結婚指輪」の値段に差が出るのは、1000万円以上からと言われています。平均である400万円台、若干少ない300万円台、若干多い500万円台は二人分で15万円から25万円ほどの結婚指輪を購入することが多いです。年収によって、それほどの差はないことが分かりますね。この金額は、全体の「結婚指輪の平均価格・相場」である23万円とほぼ同じであることから、年収と結婚指輪の値段はあまり関係はないと言えそうです。

 

一方、年収が1000万円以上になると、結婚指輪もセミオーダーや完全オリジナルのデザインで作る人が多くなります。そうなると値段は一人分で50万円から100万円ほどになることもあります。年収が1000万円以上あれば、結婚指輪にかけられる金額も高くなるということでしょうか。

 

結婚指輪の相場は年収によって多少の違いはあるものの、結婚する二人が気に入るものであれば良いのだと思います。安いからダメだということはなく、いいものは値段に関係なくいいものです。ゼクシィでは、予算から結婚指輪を探すことができますよ!たくさんのブランド、そして豊富なデザインの中から二人が気に入るものを見つけましょう。

 

いいなと思うものがあったら、ゼクシィから来店予約の申し込みをしてみましょう。来店予約をしておけば、サンプルや好みのデザインのものを事前に用意しておいてもらえますし、話もスムーズに進むでしょう。買う買わないは見てから決めれば良いのですから、まずはゼクシィから来店予約の申し込みをしてみてくださいね。